使ってみたよ!リマーユプラセラ原液(お試しサイズ)の感想・口コミ

九州で「リバテープ」が絆創膏の代名詞となっているのは地方あるあるでよく聞くお話ですね。個人的にもなじみのある会社でしたが、美容液を作っていることを今まで知りませんでした。これは使ってみなくてはっ!ということで、早速お試しサイズを買ってみましたので実際に使ってみた使用感などをレビューします。

リマーユプラセラ原液とは?

リマーユプラセラ原液は絆創膏で有名なリバテープ製薬が製薬会社として培った技術・こだわりを結集させて開発したエイジングケア美容液。北海道産サラブレッド由来の馬プラセンタ、セラミド、サイタイエキスを高濃度配合し、内側から肌本来の持つ力を高めてくれます。

 プラセンタ&セラミドはなぜ肌に良いの?

成分

水、BG、ヘキサンジオール、プラセンタエキス、セレブロシド、サイタイエキス、キサンタンガム、ポリソルベート80、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

使い方

適量を手のひらに取り、指先で少しずつ、ハリ・ツヤを与えたいところになじませます。

注文から手元に届くまで

夜に注文しましたが、翌日午後には発送の連絡があり、それから3日後に届きました。薄い箱で、ゆうパケットでのポスト投函です。絆創膏柄のシールがかわいい!

1つだけだと送料がかかるので送料無料になるよう2つ購入しました。商品の他に納品書やパンフレットなどがいくつか同封されていました。

このお試しサイズは5ml。本製品は20mlで8,640円ですから1/4ですと2,160円ですが、1,080円で買えます。このサイズでも1~2週間お試しできます。

パンフレットに使い方など詳しく書かれています。

使用感など

先端に半透明のキャップが付いているので外して使います。スポイトの保護用かな…?

フタはスポイトになっていてゴムで出来ています。

使う分だけスポイトで吸い上げて手のひらに取ります。

美容液はわずかに濁っていてかなりとろみがあります。

肌に乗せた直後からぐんぐん浸透していき、すぐにサラっとした肌触りになります。手の甲でもしっとりとして違いは明らかです。

無香料で香りはなく、嫌な素材臭などもありません。人を選ばない使用感です。

基本は化粧水→リマーユプラセラ原液→保湿できるものの順ですが、洗顔直後の化粧水の前に使った方が効果を感じやすい人も多いようです。私も化粧水の前の方がいいかなと思いました。浸透力が高いので導入美容液のようにも使いやすいです。また、顔以外に首周りやデコルテはもちろん、ひじやひざなどのくろずみが気になる部分やハンドケアに使うのも有効です。ちょっともったいない気もしますけどねっ。

1本使い切りましたが、顔ほぼ全体、夜のみの使用で2週間使えました。まだシミやシワなどに目に見えた変化はありませんが、肌がふっくらとやわらかくなった感じがあります。赤ちゃん肌とまではいかなくとも、─5歳肌くらいは期待できそうです!

お試しサイズの購入について

お試しサイズはリマーユプラセラ原液を過去に購入したことがない人のみ、1回限り3本まで購入できます。しばらく使ってみるつもりでいるのなら3本購入してしまった方がお得です。また、1本だけだと送料が540円かかりますので、送料が無料になる2本以上がオススメです。

定期購入について

リマーユプラセラ原液の定価は8,640円ですが、定期便初回のみ50%OFFの4,320円、クレジット払いならさらに500円OFFの3,820円と特に割引率が高く、ほとんどの方は安く購入出来る定期購入を申し込むと思います。リマーユプラセラ原液に限らずリバテープ製薬の定期便は以下の通り良心的でかなり使いやすくなっています。

  • 一点から20%OFF
  • 同梱なら定期商品以外も20%OFF(一部対象外)
  • 送料無料
  • ポイント2倍
  • 不定期でプレゼント付き
  • 変更・キャンセル自由

まず、変更・キャンセル自由なので回数の縛りはありません(なるべく継続して欲しいとは書いてありますが…)。電話でいつでも変更や解約ができます。また、「別の商品だけど試しに1回だけ買ってみたい!」ということもあると思いますが、定期便加入中なら定期商品以外も20%OFFで買えるのは嬉しいですね。

 定期便について詳しくはこちら

どこで買える?

リマーユプラセラ原液お試しサイズはリバテープ製薬公式サイトの他Amazonや楽天市場などのモール型ネットショップで取り扱いがあります。ただし1本だけ1,080円+送料で購入できるのは公式サイトのみとなっています。

公式リバテープ製薬

ハピタス
応援ポチ

お役に立てたらポチっとお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする